防寒対応の作業服と利用

外で作業を行うときには防寒用の作業服の着用が大切です。仕事などで着用を義務付けられている場合には、外での寒さ対策が必須で相応の格好でないと仕事にならないです。服装には手袋または軍手類や靴なども同様に用意をすることが必要となります。このとき防寒用の作業服は専門店などで入手をするかあるいは雇用主側が用意をするなどの対応が欠かせません。

寒空における外での作業を命じる以上その寒さ対策を事業主側が行うことで、福利厚生の一環と見なせることもあります。事前に個別に用意を求めることも出来ますがそもそも外での勤務を命じる側がある程度の配慮を行うことが肝要です。防寒着などを兼ねる作業服は作業関係の服装や道具などを扱う専門店に取り扱いがなされることがあります。近隣にそうした店舗がない場合にはインターネット通販などで購入を考えていくべきものです。

ただし雇用主側が数を揃える場合にはその地域で取り扱いを一定数以上行っているところに発注をかける方が、単価的には安価になる場合もあります。金額的には通信販売もインターネット販売も防寒用の作業服はそもそも種類がそれほど多くはないため、あとは数を揃えられるかどうかです。寒空の下で働く労働者のために防寒用の作業服などが欠かせないとき事業主がある程度の配慮を行うことは大切です。個人に負担をさせる場合にはある程度の補填を行うなどの配慮も必要となります。

事前に労使交渉などで決められていることも多いです。

Filed under: 洋服お直し, 生活/暮らし, 芦屋駅Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website